Event

最新のイベントニュースをご紹介します。
過去のイベント一覧→Back Number

daibo
かつて東京の南青山に「大坊珈琲店」がありました。
自家焙煎とネルドリップというスタイルで38年間、多くの人に愛された喫茶店でした。
ビルの取り壊しにより惜しまれつつ閉店したのは2013年の暮れのこと。

年に数回、大坊珈琲店へ行くのが東京へ行く私の愉しみでした。
いつしか、そこを訪れるために東京へ行くようになっていました。
店主の大坊勝次さんが珈琲をつくる姿と、濃く深く、苦みを甘みが包んで
いるようなその丸い味の珈琲を飲み、帰りの新幹線の中で「ちゃんと生きよう、丁寧に生きよう」
と背筋を伸ばしていました。

お店では言葉を交わすこともなく、足繁く通えるわけでもない一人の客と店主の関係だったのに、
どういう訳か幸運にも今は大坊さんのご自宅で淹れてもらった珈琲を、私は飲んでいます。

「守屋さんが絶妙!と言ったあの時のに近い焙煎が今回はできたと思うんだなー。まぁ飲んでみて」とか、
「あなたが絶妙!と言ったあの味より少し焙煎のポイントが今回は超えてるかも。ほんの僅かね」とか。

私はいつも恐縮しながら泣きそうになってしまう。
ずっとずっとひたむきに珈琲と向き合ってきた方が、珈琲をつくるたくさんの人たちに影響を与えてきた人が、
未だに思い通りにはいかないと、キラキラと眩しい笑顔で語られる。

昨年の夏、思いきって言ってみました。
「私のところで珈琲を淹れていただけませんか?」
快く、「つくりましょう。」と言ってくださいました。

あのお店が存続していたら、実現することのなかった二日間です。
大坊珈琲をたくさん飲んできた方も、久しぶりで懐かしい方も、もちろん初めての方も、
ippo plusという場所で大坊さんがつくる珈琲をぜひ飲みに来てください。

大坊さんと相談して、淹れる方も飲む方も心地よく過ごせるよう、一時間毎の予約制(人数限定)とさせていただきます。
一斉スタートではありません。
ご予約いただいた時間帯のどこかでお越しいただき、珈琲を愉しみ、一時間以内にそれぞれお帰りいただくスタイルです。

————————————————

2017/2/17追記・・・満席になりました。

大坊珈琲 at ippo plus
開催日: 3月12日(日) 3月13日(月)
12日:①12:00〜13:00 ②13:00〜14:00 ③14:00〜15:00 ④15:00~16:00 ⑤16:00〜17:00
13日:①11:00〜12:00 ②12:00〜13:00 ③13:00〜14:00 ④14:00~15:00

12日は5回、13日は4回の中からご希望の時間帯を選び、お名前、人数、お電話番号、メールアドレスを記載し、
メールにてお申し込みください。
各回、定員になり次第受付終了とさせていただきます。

お申し込み先メールアドレス:info@ippo-plus.net

一斉スタートではありませんので、ご予約の時間帯内のお好きな頃にお越しいただいて結構ですが、
その一時間が経てば次の回のお客様と交代していただきますので、ご了承ください。
特に2杯目も召し上がりたい方は時間に余裕を持ってお越しくださいませ。
珈琲と合わせて、和三盆糖の甘いものを少し、御菓子丸の杉山早陽子さんにお願いしています。
合わせて味わっていただけると幸いです。

大坊珈琲店と大坊勝次さんについてお知りになりたい方は、こちらを。

書籍:『大坊珈琲店』 誠文堂新光社
http://www.seibundo-shinkosha.net/pickup/daiboucoffee/main.php

英語版(English version):”A Daibo Coffee Manual”
NAHOKO PRESS
https://nahokopress.jimdo.com/

web上では、「ほぼ日」の糸井重里さんとの対談を。
https://www.1101.com/daibou/2014-07-17.html