Event

最新のイベントニュースをご紹介します。
過去のイベント一覧→Back Number

トークイベント、ワークショップ共、満席となっております。

IMG_6014_a

IMG_5991_a

IMG_5973_b

IMG_5981_a

製本家・都筑晶絵の仕事展
2019.1.26.sat – 2.2.sat 2:00~18:00 at ippo plus
作家在廊日: 1/26(土), 1/27(日), 2/2(土)
※会期中休廊なし 初日のみトークイベント開催のため 11:00~15:30

製本家・都筑晶絵のこれまでと現在の仕事を知る展覧会を開催します。

都筑晶絵さんの仕事に初めて出会ったのは八年前。グラフィックデザイナー・山口信博さんとの共作、
『十冊の本と箱』の展示でした。山口さんが装丁された本とその制作過程で
捨てられずに残る “あとかた” を箱に納めることを都筑さんに委ね、でき上がった十冊の本のための十の箱。

極めてパーソナルな依頼で生まれた箱は、一人の製本家の瑞々しい感性と創造性に託され、
本のエッセンスを閉じ込めた宝箱のようでした。

そのひとつひとつの質感と体温は、都筑晶絵という作り手を強く印象づける作品群として、後々まで私の心に残り続けるのでした。

その展覧会から五年後、私はippo plusを開くことになります。

開廊にあたって、芳名帳の制作をお願いしたデザイナーから
「都筑晶絵さんに芳名用紙を納める箱を依頼しています」と聞いた時の驚きと嬉しさはいかばかりだったか。

思いもよらぬかたちで、都筑晶絵の「箱」を手にしたのです。

本来、大切な書物を保護するための箱の製作も製本家の仕事のひとつだと知ったのもこの時です。

そのippo plusのための箱はもちろんのこと、知れば知るほど益々彼女の作り出すものに心惹かれていくのでした。

彼女の紙を扱う卓越した感覚は、あくまでも静かに控えめに細やかに、
そして時にユーモラスに、本や箱やノートや手帳といった存在の中に息づいています。

この度の展覧会では念願叶い、『十冊の本と箱』を展示できることに加え、
山口さんが装丁された新しい本「名句の所以」のための箱のお披露目の場ともなります。

山口さんの粋な計らいに都筑さんがどう応えるか、楽しみでなりません。

その他にこれまでに依頼を受けて制作した作品や自身の活動として
ブックデザイナー・山元伸子さんと共に出版した本なども展示します。

2月3日と4日には、彼女の活動のもう一つの柱である製本ワークショップを開きます。

初日には山口信博さんとのトークイベントも開催します。

山口さんはかつて都筑さんの製本教室の生徒さんでした。

その時の貴重な卒業制作も展示させていただけることとなりました。

製本家・都筑晶絵の様々な仕事を一同にご覧いただける初の機会となります。
ぜひご高覧ください。

—-

展覧会初日にトークイベントを開催します。
26日の展覧会は15:30までとさせていただきます。

トークイベント「十冊と一冊の本と箱」
都筑晶絵(製本家) × 山口信博 (グラフィックデザイナー)

日程:1/26(土)16:30~18:30 受付は16:00から開始
2,000円(お茶付き)

都筑晶絵
1979年生まれ。001年にフランスで手製本と出会い、大学卒業後、
ドイツ人ブックアーティストVeronika Schapersさんの制作の手伝いをしながらより簡素でモダンな製本を知り、
内容から考える本づくりを始める。007年1月からスイス、アスコナにある製本専門学校、
Centro del bel Libro, Asconaで再び製本を学び、2008年3月から東京で製本教室を始め、
展覧会のための作品集や特装本のオーダーを受ける傍ら、
ブックデザイナー、山元伸子さんとananas pressとして作品をづくりを始める。
2010年、三重のギャラリーやまほんでの『IN Prints ON Paper』展で「十冊の本と箱」を発表する。
011年より名古屋にアトリエを構え、各地でワークショップを行う。

hp : postaldia.com

山口信博
1948年生まれ。グラフィックデザイナー。
山口デザイン事務所代表。
包みと結びの礼法である折形を研究する場、折形デザイン研究所主宰。
俳人、俳号は方眼子。
多数のブックデザインやアートディレクションを手がける。
著書「白の消息」「つつみのことわり」等。
共著に「礼のかたち」「折る、贈る。」「半紙で折る折形歳時記」等。

hp : www.origata.com

—-

製本ワークショップ

製本は身近な素材である紙について知り、
ヘラを使って紙を折ることから始まります。

日程:2/3(日),2/4(月)13:30~17:30(間にお茶の休憩があります)
6,480 円(税込)

2/3(日)『一枚の紙でできること』
製本の基本の道具である骨のヘラ(bonefolder)とテフロンのヘラ(teflonfolder)を使って、
CDケース、飛び5種類の折り方を教えます。

2/4(月)『蛇腹折りの製本』1mの一枚の長い紙を折って蛇腹の本を作ります。
一枚の紙を半分に折ることで4ページ、16ページの本になります。
簡単なようで意外と難しい作業ですが、(Jacob’s ladder book)を教えます。

件名を『◯◯参加希望』とし、本文に参加希望日、お名前(複数人の場合はそれぞれのお名前)、
ご住所、お電話番号を記入の上、お申し込みください。

ippo plusのウェブサイトと sns にてお知らせします。

plus(イッポ プリュス)
565-0874 大阪府吹田市古江台 1-7-4
tel. 090 9545 4317

info@ippo-plus.net.
hp : ippo-plus.net.
instagram : ippoplus_moriya